地域で教育することのメリット

7月 27, 2015 · Posted in · Comment 

学びというと大人はたいてい勉強のことだと思ってしまいがちです。
子どもを持つ親ですらそう思うのですから、子どもに学べといっても勉強だと思ってしまい、楽しく学ぶことはできません。
学校へ行けば勉強はしますから、それだけで良いと考えている親も非常に多いのです。
しかし人間は学校の勉強だけで生きているわけではありません。
家庭や地域社会から様々な教育を受けることで社会に通用する大人になっていくのです。
では、子どもを地域社会で教育することのメリットについて考えて生きます。
・縦横のつながり
家庭では家族のつながり、学校では上級生や先生との縦のつながりはありますが、ほとんどが横のつながりでできています。
地域社会のように縦横のつながりが非常に複雑に絡み合っているのは地域社会だけなのです。
こういったたてや横のつながりとどのように接していけば良いのかを学んでいくことができます。
・人やものを大切にする気持ち
地域社会には高齢者もいれば、障害や病気などで体が不自由になってる人もいます。
こういった社会的弱者と呼ばれる人たちを思いやる気持ちや、ものを大切にする気持ちなどを学ぶことができます。
・地域全体で子どもの非行防止
今犯罪の低年齢化が取りざたされています。
大人社会のつながりが薄くなり、子どもが近くで悪さをしても注意できない人たちも増えています。
このようなことにならないように地域全体で子どもが悪さしないか見守る事が大切です。
・地域全体で子供の防犯対策
地域全体で子供を見守るということは子どもが何かの犯罪などに巻き込まれるのを防止する役割もあります。
子供の周りに不審な車や人物がいないかを見守っていくことができます。
地域が一丸となって教育を行うことによって社会で生きていくための知識や基本が学べるのです。

  • Recent Posts